【ね】
ネ タ
塗装材料をいい、主として塗料のこと。
熱可塑性
熱を加えれば軟らかくなり、冷却すれば硬くなることを繰り返す性質。
熱硬化性
樹脂などが、加熱すれば硬化して不溶性・不融性になり、元の軟らかさには戻らない。
熱風乾燥炉
塗装後の塗膜乾燥を熱風で焼付する乾燥炉。
眠り目地
ごく細い目地のこと。めくら目地ともいう。
練 油
堅練ペイントに用いるボイル油をいう。
堅練白ペイントに用いる油は特に漂白した淡色の油を用いる。
練 付
薄板を接着剤で張り付けること。
練ヘラ
合わせヘラともいい、塗料を練り合わせたり、下地塗料を被塗面に摺りつけたりするのに使う。
ペイント用は鋼鉄製又は、良質の桧よりなるヘラ材を削って作ったものを用いる。

【な】 【に】 【ぬ】 【の】 INDEX 色相用語