呼吸形・透湿・防水形仕上塗材防水形複層塗材EJIS A 6909
通気性と防水性の機能を兼ね備えた透湿性厚膜仕上塗材です。

呼吸形・透湿形・防水形複層仕上塗材(防水形複層塗材E)

塗回数及び所要量
工  程 塗回数 所要量(Kg/u) 主な仕上の形状
ゆず肌状
(ローラー)
下塗材 0.1以上 凹凸状・ゆず肌状・
月面状(クレーター)・平たん状
 〔例〕 弾性タイル(複層弾性)
増塗材 0.9以上
主材基層 1.7以上
主材模様 0.9以上
上塗材 0.25以上
凸部処理
凹凸模様
(吹付け)
下塗材 0.1以上
増塗材 0.9以上
主材基層 1.7以上
主材模様 0.9以上
上塗材 0.25以上
【下地調整】
15章 左官工事  15.5.5 下地調整(平成16・19年版公共建築工事標準仕様書)

4章 外壁改修工事  4.6.4  下地調整(平成16年版公共建築改修工事標準仕様書)
【工  法】
15章 左官工事  15.5.6 工  法(平成16・19年版公共建築工事標準仕様書)
(1) 材料の練混ぜ
 (@) 材料の練混ぜは、仕上塗材製造所の指定する水の量で均一になるように行う。
     但し、溶剤系の下塗材又は、上塗材の場合は、指定量の専用うすめ液で均一になるように行う。
 (B) 2液形上塗材は、薄める前に基材と硬化剤を指定の割合で混ぜ合わせる。
(2) 下塗りは、だれ、塗り残しのないように均一に塗り付ける。
(3) 増塗りは、出隅、入隅、目地部、開口部回り等に、はけ又はローラーにより、端部に段差のないよう
   に塗りつける。
(4) 主材塗りは、次による。
 (@) 基層塗りは、2回塗りとし、ダレ、ピンホール、塗り残しのないよう、下地を覆うように塗り付ける。
 (A) 模様塗りは、次による。
   @ 
吹き付けの場合は、見本と同様の模様で均一に仕上がるように、指定の吹付け条件により、
     吹付ける。なお、塗り回数は、仕上塗材製造所の仕様による。
   A ローラー塗りの場合は見本と同様の模様で均一に仕上がるように、所定のローラーを用いて
     塗り付ける。なお、塗り回数は、仕上塗材製造所の仕様による。
(5) 上塗りは、次による。
   上塗りは、2回塗りとし、色むら、だれ、光沢むら等が生じないように均一に、はけ、ローラー又は、
   スプレーガンにより塗り付ける。

4章 外壁改修工事  4.6.5  工 法(平成16年版公共建築改修工事標準仕様書)
(1)材料の練り混ぜ
 (@)材料の練混ぜは、製造所の指定する水の量で均一になるように行う。
    但し、溶剤系の下塗材及び上塗材の場合は、指定量の専用うすめ液で均一になるように行う。

 (A)二液形上塗材は、薄める前に基材と硬化剤を指定の割合で混ぜ合わせる。
(2)下塗りは、ダレ、塗り残しのないように均一に塗り付ける。
(3)増塗りは、出隅、入隅、目地部、開口部回り等に、はけ又はローラーにより、端部に段差のないよう
  に塗り付ける。

(4) 主材塗りは次による。
 (@)基層塗りは2回塗りとし、だれ、ピンホール、塗り残しのないよう下地を覆うように塗り付ける。

 (A)模様塗りは、次による。
   @吹付けの場合は、見本と同様の模様で均一に仕上がるように、指定の吹き付け条件により吹き
    付ける。

   A ローラー塗りの場合は、見本と同様の模様で均一に仕上がるように、所定のローラーを用いて塗り
    付ける。

(5)上塗りは、2回塗りとし、色むら、だれ、光沢ムラ等が生じないように均一に、ハケ、ローラー又はスプレー
  ガンにより塗り付ける。

菊水化学工業 恒和化学工業 スズカファイン

呼吸・透湿・防水形仕上塗材  防水形複層塗材  建築仕上塗材塗装

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装