7章 鉄 骨 工 事
8節 錆止め塗装

7.8.1 適用範囲
(a)この節は、鉄骨の錆止め塗装に適用する。

(b) この節に規定する以外は、18章〔塗装工事〕による。

7.8.2 工場塗装の範囲
(a) 次の部分は塗装しない。
  (1) コンクリートに密着する部分及び埋め込まれる部分。
  (2) 高カボルト摩擦接合部の摩擦面。
  (3) 工事現場溶接を行う部分の両側それぞれ100mm程度の範囲及び超音波探傷試験に
     支障を及ぼす範囲。
  (4) 密閉される閉鎖形断面の内面。
  (5) ピン、ローラー等密着する部分及び回転又は摺動面で削り仕上した部分。
  (6) 組立てによって、肌合せとなる部分。
  (7) 耐火被覆材の接着する面。但し、7.8.3(2)を除く。

(b) 工事現場溶接を行う部分でも、溶接するまでに著しい錆を発生するおそれのある場合は、
   溶接に無害な適切な防錆処置を行う。
7.8.3 塗料の種別
次の部分の錆止め塗料の種別は、特記による。
  (1) 鉄骨鉄筋コンクリート造の鋼製スリーブで鉄骨に溶接されたものの内面。
     但し、錆止塗料の種別は特記がなければ、表18.3.1〔鉄鋼面錆止め塗料〕の種別のA種とする。
  (2) 特記により塗装を行う場合の耐火被覆材の接着する面。
7.8.4 工事現場塗装
18.3.3〔錆止め塗料塗り〕(b)による錆止め塗料塗りの工事現場塗装は次による。
  (1) 現場接合部の素地ごしらえは、表18.2.2〔鉄鋼面の素地ごしらえ〕によるC種とし、
     工場塗装と同種の錆止め塗料を使用して塗装を施す。
  (2) 塗膜の損傷した部分は活膜を残して除去し、錆の生じた部分は手工具を用いて旧塗膜
     を除去し、いずれも錆止め塗料で補修する。

平成25年版 公共建築工事標準仕様書 18章 塗装工事

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装