ワイドエポーレSi  スズカファイン株式会社製品
塗料名 容量 色 相 密度 積算価格 備   考
ワイドエポーレSi 主 剤 15kg 標準色   \32,000 カタログ
硬化剤 1kg
塗料種別 ターペン可溶二液形エポキシ・シリコン変性ウレタン樹脂塗料
放散等級 ホルムアルデヒド放散等級  F☆☆☆☆  (社)日本塗料工業会登録
規  格
防火性能
容  量 16Kgset(主剤 15Kg・硬化剤 1Kg) 3.2Kgset(主剤 3Kg・硬化剤 0.2Kg)
色  相 標準色・白・原色・淡彩色・濃色
特  長 エポキシ樹脂の強力な付着力とシリコン樹脂の高耐候性、ウレタン樹脂の優れた光沢・
仕上がり性を合わせ持ち、さらに弱溶剤形になることにより、塗替え時に既存塗膜への
影響が少なく、屋根・壁面・鋼構造体など幅広い用途に対応できるオールマイティーな
最高級塗料です。

○高耐久性
 緻密で強靱な塗膜は、紫外線、熱や酸性雨に対し優れた抵抗性を発揮し、長期にわたり厳しい
 自然環境から建物を守ります。
○優れた仕上がり
 高光沢・高隠ぺい性で、美しい仕上りが得られます。
 特に優れた鮮鋭性で、際立った印象に仕上がります。

低汚染性
 シリコン変性により、汚れにくい塗膜を形成します。
防カビ・防藻性
 特殊な防かび・防藻剤の配合で微生物の発生を抑制します。
○環境への配慮
 重金属(鉛・クロム)を原料に使用していません。
 強溶剤塗料のような刺激臭がなく、塗装環境の改善がはかれます。

優れた塗装作業性
  刷毛塗り、ローラー塗りでの作業性に優れます。
○幅広い素地適応性
 金属・セメント系素材・既存塗膜など幅広い素地に適します。
 弱溶剤(塗料用シンナー)を使用しており、塗替えなどで既存塗膜の溶解やリフティングが
 生じにくく、安心して使用できます。
用  途 建築物(内外部)・鋼構造体・屋根の上塗塗料、
適用素地 【セメント系素地】
コンクリート、モルタル、スレート、PC部材、窯業系サイディング、新生瓦、セメント瓦、波スレートなど
【金属系素地】
鋼板、鋼材、ステンレス、アルミニウム、金属サイディング、トタン、カラートタンなど
適用旧塗膜 合成樹脂調合ペイント、フタル酸樹脂エナメル、アクリル樹脂エナメル、アクリルアルキド樹脂塗料、
ポリウレタン樹脂塗料、塩化ゴム系塗料
リシン、吹付けタイル、
(シリコン・ふっ素樹脂塗料は不適)
適用下塗材 ワイドシーラーEPO(セメント系素地)
エポマイルドエポプラ、さびストップ(金属系素地)
※新設時の下塗りには、ピナクルシーラー、ピナクルホワイト、ラフトンエポキシシーラーの使用可。
※塗替え時既存塗膜が健全な状態であれば、下塗りを省略することができます。
※既存塗膜の劣化が著しい場合や、吸込み止めを必要とする場合は、ワイドシーラーEPOを使用。
希釈剤 塗料用シンナー
塗装方法 刷毛・ローラー スプレー・エアレススプレー
調合割合 0〜20
塗付量 0.12〜0.16/u/回
注)使用量は標準値です。素地の状態により使用量が異なることがあります。
塗面積 100〜133u/16kgset/回 (50〜66u/16kgset/2回)
塗回数 2回
乾燥時間
(23℃)
指触乾燥
半硬化乾燥 時間
塗重ね可能時間 屋  根 16時間以上
屋根以外 5時間以上
可使時間(ポットライフ) 8時間
塗装上の
注意事項
●降雨・降雪が予想される時、強風の時などは塗装を避けてください。
●気温5℃以下、湿度80%以上または結露が懸念される場合は、塗装を避けてください。
●施工面が高温(50℃以上)の場合は、塗装を避けて下さい。

●施工面は十分に乾燥させて下さい。(含水率10%以下、PH10以下)
●塗装時は、事前に既存塗膜を塗料用シンナーで拭き取り、溶解やリフティングが発生しない
 ことを確認してください。
 塗料用シンナーで溶解やリフティングを生じるような既存塗膜に塗装すると、ふくれ等を発生
 することがあります。

●主剤と硬化剤は、所定の比率で正確に調合し、均一に攪拌してください。(厳守ください)
 また、可使時間内に使い切るようにして下さい。
●希釈すぎますと、光沢低下、透け、たるみなどを生じますので、希釈率にはご注意ください。
他の塗料や所定以外のシンナーの混合は避けてください。
●各工程の塗装間隔は、所定の時間を厳守してください。
●タレ、かすれ、塗り残しなどがないように均一に塗装してください。
●塗付量の数値は標準のものです。
 素地の形状や状態、塗装方法、施工環境などによって増減することがあります。
●エアレス塗装の場合は、周囲への飛散防止に十分注意し養生などを行なってください。
●次のような素地の場合、付着不良やチヂミを生じることがありますので塗装は避けてください。
 ・清掃が不十分で汚れが付着している素地
 ・塗料用シンナーの拭き取りで取れる既存塗膜
●適用部位、適用素地以外への塗装は避けてください。
●ドアパッキン、ゴム、プラスチックなど可塑剤を含むものに、本品が接触すると、粘着の発生
 や、はく離を起こす場合がありますので、接触が予想される箇所は塗装を避けてください。
●シーリング面に塗装する場合は、予めラフトン逆プライマーを塗装してください。
 (ポリサルファイド系シーリングの場合は、2回塗りしてください。

 尚、シリコン系及びブチル系シーリングの場合は、塗装を避けてください。
●シャッター・歩行部位への使用は避けてください。
●ベンチ、ジャングルジムなど人が乗るもの、またテーブル・カウンター・棚など物を置くもの
 への塗装は避けてください。
●開缶した状態で長時間放置しないでください。

●塗装器具の洗浄には、スズカシンナー#1000または、スズカシンナー#2000をご使用
 ください。
●補修塗りは、使用した塗料(同一ロット)を用いて、同じ塗装方法で行なってください。
●シルバー仕上面は、接触により皮膚や衣類に色が付く恐れがありますので、手摺り等には
 塗装しないでください

●シルバーは刷毛やローラーで塗装するとムラを生じる場合がありますので、エアレス塗装を
 推奨します。
消防法区分 主剤 第4類第2石油類  ・ 硬化剤 第4類第2石油類
※注意事項及び詳細な内容が必要な時には、塗料製造会社より製品安全データシート(MSDS)を
 お取り寄せください。
塗装工程
工 程 塗  料  名
素 材 鉄  部 セメント系
1 下 塗 エポマイルド ワイドシーラーEPO ラフトンエポキシシーラー
2 上塗 1回塗 ワイドエポーレSi
3 2回塗
設計価格(材工共)
備  考      

被塗物素材 鉄 部
高耐候形・超耐候形塗料 低汚染形塗料

塗装仕様
新設仕様 塗替え仕様
窯業系素地 弱溶剤エポキシ樹脂系シーラー 窯業系素地 弱溶剤エポキシ樹脂系シーラー
窯業系素地 可とう形改修用仕上塗材
窯業系素地 旧塗膜テクスチャーを変える
金属系塗装仕様(エポマイルド) 金属系塗装仕様(エポマイルド)
一般鉄部及び金属(ワイドラスノンEPO)

弱溶剤二液形エポキシ・シリコン変性ポリウレタン樹脂塗料   製品一覧

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装