水性ベスコロ  (スズカファイン株式会社製品)
塗料名 容量 色 相 密度 積算価格 備  考
水性ベスコロ 15kg 標準色 \24,000  
塗料種別 水系アクリルシリコン樹脂塗料
放散等級 ホルムアルデヒド放散等級  F☆☆☆☆
規  格
防火性能
容  量 15Kg
色  相 標準色、原色、調色
積算価格
特  長 1.アクリルシリコン樹脂が優れた耐久性・耐候性・光沢・保色性を発揮します。
2.使いやすい1液で、塗装作業性が良好です。
3.水系のため、作業面が安全で、旧塗膜をリフティングさせません。
  
但し、下塗りに溶剤系シーラーを用いる場合は、事前に確認して下さい。
4.強力な防藻・防カビ剤が微生物の発生を抑え、美粧性を持続します。
用  途 屋根用塗料
適用素地 新生瓦、セメント瓦、アスファルトシングル、トタン、カラートタン
適用旧塗膜
適用下塗材 ◇新生瓦屋根・波形スレート屋根(オール水系仕様) : 水性ベスコロ下塗
新生瓦屋根・波形スレート屋根(劣化が著しい場合の仕様) : ラフトンエポキシシーラー
◇セメント瓦屋根 : カチプラエアレス
◇歴性質系屋根(アスファルトシングル) : スズカアルマシーラ−
◇トタン・カラートタン屋根 : エポプラ
塗装方法 刷毛・ローラー エアレス
希釈剤 清  水
調合割合 3〜5 5〜10
塗付量 0.12〜0.15kg/u/回
塗面積 100〜125u/15Kg/回 (50〜62u/15Kg/2回)
塗回数 2回
乾燥時間
(20℃)
指触乾燥
半硬化乾燥 時間・分
塗重ね可能時間 2時間以上
塗装上の
注意事項
●素地は十分に乾燥して下さい。
●塗付量が少ないと十分な塗膜性能が得られませんので、標準塗付量を厳守して下さい。
●気温5℃以下、湿度85%以上での、塗装は避けて下さい。
●塗装は天気の良い日を選び、塗装後に降雨・急冷・結露の恐れがある場合は、塗装を避けて
 ください。
●水洗い時の屋根は滑りやすいので足元にご注意下さい。
●エアレス塗装の場合、エアレス機の中に溶剤が残っていますと詰まりますので、予め水をよく
 通してからご使用ください。
●高圧水洗やエアレス塗装時の飛散ミストは、トラブルの原因になりますので、十分にご注意
 ください。
●塗装後、3〜5時間位は絶対に雨に合わないように、また山間部などで、夜露が早く降りる
 地域では、塗装を早めに終え、乾燥時間を確保してください。
●新生瓦の場合、水切り部で上下の板が塗料で付着している箇所は、皮スキなどで縁切りを
 してください。
●水性ベスコロ下塗りはカチオン系ですので、一般の水系塗料と絶対に混ぜないでください。
 また、一般の水系塗料に用いたはけ・ローラーなどの塗装用具を共用されますと固まることが
 ありますので避けてください。

●塗料は十分に攪拌してからご使用ください。
 うすめすぎは、スケ・仕上り不良等の原因になりますので注意してください
●各工程の塗装間隔は所定の時間を厳守してください。
●仕様の数値は、標準のものです。
 下地の状態、施工条件などにより、多少異なることがあります。
●塗料の取扱い時、塗装時は換気を行ってください。
●塗装後のはけ、ローラー等の用具は塗装後、直ちに洗浄してください。
消防法区分 非危険物
※注意事項及び詳細な内容が必要な時には、塗料製造会社より製品安全データシート(MSDS)を
 お取り寄せください。
塗装工程
工 程 塗  料  名
素 材
1 下 塗 水性ベスコロ下塗
2 上塗 1回塗 水性ベスコロ
3 2回塗
設計価格(材工共) ¥2,100
備  考  

【塗装仕様】
1.新生瓦・波形スレート屋根
  オール水系の塗装仕様
  屋根の塗替え
  素地の劣化が著しい場合の塗装仕様(ラフトンエポキシシーラー仕様)
2.セメント瓦屋根
3.歴性質系(アスファルトシングル)屋根
4.トタン・カラートタン屋根

水系アクリルシリコン樹脂塗料 セメント瓦用塗料 新生瓦屋根用塗料 製品一覧

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装