エコシリコン 艶消し  (スズカファイン株式会社製品)
塗料名 容量 色 相 密度 積算価格 備   考
エコシリコン艶消し 16kg \ カタログ
淡彩色 \
   
塗料種別 弾性特殊変性シリコン樹脂つや消し塗料
放散等級 ホルムアルデヒド放散等級  F☆☆☆☆  (社)日本塗料工業会登録
規  格 JIS A 6909 トップコート
防火性能  
容  量 16Kg ・ 3kg
色  相 白・淡彩色・中彩色・濃彩色・原色
設計価格 ¥/u/2回
特  長 【弾性】
 特殊変性シリコン樹脂により、弾性塗膜を形成し、従来のつや消し塗料では出来なかった
 防水形複層塗材(JIS A 6909)のトップコートとして使用できます。
【高耐候性】
 シリコーン樹脂成分の強固なシロキサン結合は、耐候性に優れており、塗膜を長期にわたって
 維持します。

【防かび・防藻性】
 微生物(かび・藻など)の発生を防ぎ、長期間美観を維持します。
【上品で落ち着きのあるつや消し仕上げ】
 60度鏡面光沢は5で、日本塗料工業会光沢基準値(つやなし6以下)に適合します。
用  途 建築物内外壁
適用素地 コンクリート、モルタル、PCパネル、ALCパネル、スレートなど
適用旧塗膜  
適用下塗 適用可能な複層塗材
複層塗材E:ラフトンジャンボ、ラフトンローラー
防水形複層塗材E:ラフトン弾性ジャンボ、ラフトン弾性ローラー
防水形複層塗材RE:ラフトン弾性ジャンボRE、ラフトン弾性ローラーRE
可とう形改修塗材E:リメークプラ
塗装方法 ハケ・ローラー エアレス
希釈剤 清  水
調合割合 5〜15
標準使用量 0.10〜0.15kg/u/回
※複層塗材、可とう形改修用仕上塗材仕様 0.15〜0.20kg/u/回
注)使用量は標準値です。素地の状態により使用量が異なることがあります。
塗面積 106〜160u/16kg/回 (53〜80u/16kg/2回)
塗回数 2回
乾燥時間
(20℃)
指 触 時 間
半 硬 化 時 間
塗重可能時間 2時間以上
施工上の
注意事項
●下地は十分に乾燥させてください。(含水率10%以下、pH10以下)
●下地の巣穴、クラック、不陸、目違いなどは、予め樹脂モルタルまたは、ラフトンフィラーなど
 で平滑にしてください。

●気温5℃以下、湿度85%以上または、結露が懸念される場合は、施工を避けてください。
強風時や降雨、降雪の恐れのある場合は塗装を避けてください。
●吹付塗装の場合は、飛散防止に十分注意し、養生などを行なってください。
●使用前に十分撹拌し、均一にしてからご使用ください。
うすめすぎは、たるみ、隠ぺい不足、つや不良などを生じますので注意してください。
●たれ、塗り残しなどがないように均一に塗装してください。
●仕様の各数値は、標準的な数値です。
 下地の形状や状態・塗装方法・環境などによって
増減することがあります。
各工程の塗装間隔及び最終養生は、所定の時間を厳守してください。
●シーリング面に塗装する場合は、予めラフトン逆プライマーを塗装してください。
 (ポリサルファイド系シーリングの場合は、2回塗りしてください。)
 なお、シリコン系及びブチル系シーリングの場合、塗装を避けてください。
●塗装面とプラスチックなど可塑剤を含むものとが接触する箇所には塗装しないでください。

補修塗りは同一ロットの塗料を、同一の塗装方法で行なってください。
●塗装後の刷毛、ローラーなどの用具は早めに水洗いしてください。
消防法区分 非危険物
※注意事項及び詳細な内容が必要な時には、塗料製造会社より製品安全データシート(MSDS)を
 お取り寄せください。
塗装工程
工 程 塗  料  名
素 材 コンクリート、モルタル面など 旧塗膜面
防水形複層塗材E(凹凸模様) 塗替え(可とう形改修用仕上塗材)
1 下 塗 サミプラ リメークプラ
2 主材 基層 ラフトン弾性ジャンボG
3 模様
4 上塗 1回塗 エコシリコン艶消し
5 2回塗
設計価格(材工共)
備  考  

【塗装仕様】
新設仕様 : JIS A 6909防水形複層仕上塗材Eつや消し仕上げ
塗替仕様 : JIS A 6909 可とう形改修塗材E

特殊変性シリコン樹脂つや消し塗料  製品一覧

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装