エポマイルド スズカファイン株式会社製品
塗料名 容量 色 相 密度 積算価格 備   考
エポマイルド 16kg 各 色   \
塗料種別 ターペン可溶エポキシ樹脂さび止塗料
放散等級 ホルムアルデヒド放散等級  F☆☆☆☆  (社)日本塗料工業会登録 S02018
規  格
防火性能
容  量 16Kg ・ 4Kg
色  相 赤錆・グレー(日塗工AN-80・マンセルN−8)・白
積算価格 ¥24,000/16Kg  (4Kg)
特  長 1.優れた防錆性
  塩水噴霧及び耐複合サイクル防食性試験において、優れた防錆力を示します。
2.安全性
  鉛・クロムなど有害な防さび顔料を含んでおりませんので、安全性に優れます。
3.付着性
  素材及び旧塗膜に対し、強力な付着性を発揮します。
4.低臭性
  塗料用シンナー可溶タイプのため、臭気はマイルドで優しいです。
5.作業性
  ローラー・エアレス塗りはもちろんのこと、刷毛塗りSOP並の作業性です。
6.旧塗膜適応性
  活膜の旧塗膜をリフティング、溶解させることなく、安心して塗装できます。
7.一液・無希釈
  無希釈で塗装でき膜厚管理が容易です。
8.上塗適応性
  各種の上塗塗料が塗装可能です。
  上塗りの美しいつや・仕上がりが得られます。
9.取扱い
  一液の指定可燃物(非危険物)ですから保管・取扱い面で有利です。
用  途 建築物 : 鉄鋼構造物・空調機器・階段・屋根・ダクト
プラント : 各種タンク(外面)・パイプ類
その他 : 鉄塔・看板
※シャッターの塗装は避けて下さい。
適用素地 鉄骨、鋼板、亜鉛鉄板(電器亜鉛メッキ鋼板・溶融亜鉛メッキ鋼板)、着色亜鉛鉄板、
ステンレス板、アルミニウム板
適用旧塗膜 SOP、アクリルアルキド樹脂、ポリウレタン樹脂塗料、塩化ゴム樹脂塗料など
※シリコン樹脂塗料、ふっ素樹脂塗料は不適
希釈剤 塗料用シンナー(希釈は5%以内)
塗装方法 刷毛・ローラー・エアレス(16Kg)
調合割合 0%
塗付量 0.12〜0.16kg/u/回
塗面積 94〜125u/16kg/回 (47〜62u/kg/2回)
塗回数 1〜2回
乾燥時間
(20℃)
指触乾燥 30分
硬化乾燥 2時間
塗重ね可能時間 標準 3時間以上
屋根(亜鉛鉄板仕様) 16時間以上
適用上塗材 アクリルアルキド樹脂、ポリウレタン樹脂塗料、塩化ゴム樹脂塗料など
ワイドウレタン・ワイドルーフ・エポーレ・アクリルエポーレ・サンルーフ・メタルトップ・
エスコートホープDX・アクリルバーンなど
塗装上の
注意事項
●高温(60℃以上)、湿度85%以上の場合は、塗装は避けて下さい。
降雨・降雪・結露の恐れのある場合は、塗装を避けて下さい。
粘度調整が必要な場合は、塗料用シンナーをご使用下さい。
 
希釈は5%以内として下さい。
 芳香族系溶剤などで希釈すると旧塗膜を侵す場合がありますのでご注意下さい。
●過剰の希釈は、乾燥が遅れ、たるみを生じますのでご注意下さい。
●塗付量は、標準的な数値です。
 素地の形状や状態、塗装方法、環境などによって増減することがあります。
●エアレス塗装の場合は、ミスト汚染防止に、十分配慮してください。
●使用後の塗装器具は、できるだけ早く塗料用シンナーで洗浄して下さい。
消防法区分 指定可燃物
※注意事項及び詳細な内容が必要な時には、塗料製造会社より製品安全データシート(MSDS)を
 お取り寄せください。
塗装工程
工 程 塗  料  名
素 材 鉄骨、鋼板、亜鉛鉄板(電器亜鉛メッキ鋼板・溶融亜鉛メッキ鋼板)、着色亜鉛鉄板、
ステンレス板、アルミニウム板
適用旧塗膜 SOP、アクリルアルキド樹脂、ポリウレタン樹脂塗料、塩化ゴム樹脂塗料など
1 下 塗 エポマイルド
2 上塗 1回塗 ワイドウレタン・ワイドルーフ・エポーレ・アクリルエポーレ・サンルーフ・メタルトップ・
1液ワイドシリコン・1液ワイドウレタンなど
3 2回塗
設計価格(材工共)
備  考 ※シャッターの塗装は避けて下さい。 
塗装工程
工 程 塗  料  名
素 材 ステンレス鋼
1 下 塗 エポマイルド
2 上塗 1回塗 適用上塗塗料
3 2回塗
設計価格(材工共)
備  考

塗装仕様
仕 様 素  材 上塗塗料 備  考
新 設 一般鉄部及び金属部 一液ワイドシリコン
一液ワイドウレタン
塗替え 一般鉄部及び金属部 一液ワイドシリコン
一液ワイドウレタン

被塗物素材 亜鉛めっき鋼板 アルミニウム材 ステンレス鋼板 金属屋根用錆止塗料

弱溶剤1液変性エポキシ樹脂錆止め塗料  スズカファイン株式会社   製品一覧

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装