15章 左官工事

5節 仕上塗材仕上げ
15.5.1  適用範囲
この節は、建築用仕上塗材を用いる内外装仕上げ工事に適用する。
15.5.5  下地調整
(a) コンクリートの下地調整は、次による。
  (1) 目違いはサンダー掛け等により取り除く。
  (2) 下地面の清掃を行う。
  (3) 下地調整塗材C−2を、1〜2mm程度全面に塗り付けて平滑にする。
      但し、スラブ下等の見上げ面及び厚付け仕上塗材仕上等の場合は、省略する。
  (4) 下地の不陸調整厚さが1mm以下の場合は、(3)の下地調整塗材C−2に代えて、
     下地調整塗材C−1を平滑に塗付けることがで きる。
  (5) 下地の不陸調整厚さが3mmを超えて10mm以下の場合は、(3)の下地調整塗材
      C−2に代えて、下地調整塗材CM−2を平滑に塗付ける。
(b) モルタル、プラスター及びPCパネルの下地調整は、次による。
  (1) 下地面の清掃を行う。
  (2) 合成樹脂エマルションシーラーを全面に塗りつける。
      但し、仕上塗材の下塗材で代用する場合は、省略することができる。
(c) 石こうボード面及びその他のボード面の下地調整は次による。
  (1) 表18.2.7〔石こうボード及びその他ボード面の素地ごしらえ〕のB種とする。
  (2) 合成樹脂エマルションシーラーを全面に塗りつける。
(d) ALCパネルの下地調整は、次による。
  (1) 下地面の清掃を行う。
  (2) 合成樹脂エマルションシーラーを全面に塗りつける。
     但し、下地調性塗材Eで代用する場合は、省略することができる。
  (3) 屋外は、仕上塗材製造所の仕様により、下地調整塗材C−1又は、下地調整塗材E
     を全面に塗り付けて、平滑にする。
     但し、外装薄塗材S及び防水形複層塗材RS仕上の場合は、下地調整塗材C−2を
     全面に塗り付けて、平滑にする。
(e) 押出し成形セメント板の下地調整は、次による。
  (1) 下地面の清掃を行う。
  (2) 日本建築学会材料規格 JASS18 M−201 による塗料を全面に塗りつける。
     なお、仕上げ塗材製造所の仕様により、下塗材をJASS18 M−201による塗料の代用
     とすることができる。

平成28年版 公共建築工事標準仕様書15章左官工事

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装