18章 塗 装 工 事
3節  錆止め塗料塗り

18.3.1 適用範囲
この節は,鉄鋼面及び亜鉛メッキ鋼面の錆止め塗料塗りに適用する。

18.3.2 塗料種別
(a).鉄鋼面錆止め塗料の種別は表18.3.1のA種とする。
   但し、8節の場合はB種とする。

表18.3.1 鉄鋼面錆止め塗料の種別
種 別 錆 止 め 塗 料 そ の 他 塗付量
(Kg/u)
標準膜厚
(μm)
適  用
規 格 番 号 規格名称 種 類
A 種 JIS K 5674 鉛・クロムフリー錆止めペイント 1 種 0.10 30 屋外・屋内
B 種 次のいずれかによる。
JASS 18 M-111 水系錆止めペイント   0.11 30 屋内
JIS K 5674 鉛・クロムフリー錆止めペイント 2 種 0.11 30
(注)
1.JASS 18 M-111は、日本建築学会材料規格である。
2.JIS K 5674の1種は溶剤系、2種は水系である。

(b).亜鉛メッキ鋼面錆止め塗料の種別は表18.3.2のA種又はB種とし、
    適用は特記による。
    特記がなければ、A種とする。但し、8節の場合はC種とする。
表18.3.2 亜鉛メッキ鋼面錆止め塗料の種別
種別 錆 止 め 塗 料 そ の 他 塗付量
(Kg/u)
標準膜厚
(μm)
適  用
規 格 番 号 規  格  名  称
A種 JPMS 28 1液形変性エポキシ
樹脂錆止めペイント
0.10 30 屋外・屋内
B種 JASS 18 M-109 変性エポキシ樹脂プライマー及び
弱溶剤系変性エポキシ樹脂プライマー
0.14 40 屋外・屋内
C種 JASS 18 M-111 水系錆止めペイント 0.11 30 屋内
(注)JPMS 28は日本塗料工業会規格、JASS 18 M−109及びM-111は日本建築学会材料規格である。

18.3.3 錆止め塗料塗り
(a).鉄鋼面錆止め塗料塗りは表18.3.3により、種別は特記による。
   特記がなければ、見え掛かり部分はA種とし、見え隠れ部分はB種とする
表18.3.3 鉄鋼面錆止め塗料塗り
工  程 種  別 塗り工法その他
A 種 B 種
素地ごしらえ ◯(注) 18.2.3による。
錆止め塗料塗り(下塗り1回目) 18.3.2(a)による。
研磨紙ずり 研磨紙P120〜220
錆止め塗料塗り(下塗り2回目) 18.3.2(a)による。
(注)素地ごしらえの種別は、塗り工法その他の欄による。

(b).鉄骨等鉄鋼面の錆止め塗料塗り工法は,次による。
 (1).1回目の錆止め塗料塗りは,製作工場において組立後に行う。
    但し,組立て後,塗装困難となる部分は,組立て前に錆止め塗料を2回塗る。
 (2).2回目の錆止め塗料塗りは,工事現場において建方及び接合完了後,汚れ及び付着物
    を除去して行う。
     尚,塗装に先立ち,接合部の、未塗装部分及び損傷部分は,汚れ,付着物,スパッタ-等
    を除去し補修塗りを行い,乾燥後,2回目を行う。
(c).亜鉛メッキ鋼面錆止め塗料塗りは表18.3.4により、種別は特記による。
    特記がなければ、鋼製の建具はA種とし,その他はC種とする。
    但し、B種に用いる錆止め塗料は表18.3.2のB種とする。
表18.3.4 亜鉛メッキ鋼面錆止め塗料塗り
工  程 種  別 塗り工法その他
A 種 B 種
素地ごしらえ ◯(注) 表18.2.3によるA種
但し、鋼製建具等はB種
◯(注) 表18.2.3によるB種
錆止め塗料塗り(下塗り1回目) 18.3.2(b)による。
研磨紙ずり 研磨紙P180〜240
錆止め塗料塗り(下塗り2回目) 18.3.2(b)による。
(注)素地ごしらえの種別は、塗り工法その他の欄による。

(d).鋼製建具等亜鉛めっき鋼面の錆止め塗料塗り工法は,次による。
 (1).1回目の錆止め塗料塗りにおいて,見え隠れ部分は,組立前の部材のうちに行う。
    また、見え掛かり部分は、組立後、溶接箇所等を修正した後に行う。
 (2).2回目の錆止め塗料塗りは,工事現場において取付後,汚れ,付着物を除去し、損傷部
    の補修塗りを行い、平滑に仕上げた後に行う。
    但し,取付後,塗装困難となる部分は,取付に先立ち行う。
 (3).鋼製建具に用いる鋼板類で鉄鋼面の場合は、(b)の工法による。
(e).7節の場合の鋼製建具等亜鉛めっき鋼面の下塗りの工法は、次の(1)から(3)までによる。
   但し、下塗りの工程、塗料及び塗付け量は、表18.7.2による。
 (1).見え隠れ部分は,組立前の部材のうちに下塗りを行う。
    また、見え掛かり部分は、組立後、溶接箇所等を修正し、ディスクサンダー又は研磨紙
    P120程度で研磨し、下塗りを行う。
 (2).工事現場において取付後,汚れ及び付着物を除去し、損傷部分は、ディスクサンダー又は
    研磨紙P120程度で金属素地面が現れるまで錆等を除去し、JASS 18 M−109による
    (表18.3.2のB種)を1回塗る
 (3).鋼製建具に用いる鋼板類で鉄鋼面の場合は、18.7.2(b)の工法による。
(f).次の部分は、塗装しない。
 (1).7.8.2 〔工場塗装の範囲〕(a)の部分。
 (2).軽量鉄骨下地の類で亜鉛めっきされたもの。
 (3).床型枠用鋼製デッキプレートの類で、亜鉛めっきされたもの。
 (4).鋼製建具等で両面フラッシュ戸の表面板裏側部分(中骨、力骨等を含む)の見え隠れ部分。

    (参考 : 7.8.2 工場塗装の範囲)
     (a)次の部分は塗装しない
       (1)コンクリートに密着する部分及び埋め込まれる部分
       (2)高カボルト摩擦接合部の摩擦面
       (3)工事現場溶接を行う部分の両側それぞれ100mm程度の範囲及び超音波探傷
         試験に支障を及ぼす範囲
       (4)密閉される閉鎖形断面の内面
       (5)ピン、ローラー等密着する部分及び回転又は摺動面で削り仕上げした部分
       (6)組立てによって肌合わせとなる部分
       (7)耐火被覆材の接着する面、但し、7.8.3(2)を除く。

    (b).工事現場溶接を行う部分でも、溶接するまでに著しい錆を発生するおそれのある場合は、
         溶接に無害な適切な防錆処置を行う。

平成28年版 公共建築工事標準仕様書 18章 塗装工事  錆 止 め 塗 料

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装