7章 塗装改修工事
2節  下地調整

7.2.1  一般事項
塗替えで、表7.2.1から表7.2.7のRB種の場合の既存塗膜の除去範囲は特記による。
特記がなければ塗替え面積の30%とする。

7.2.2  木部の下地調整
(a) 木部の下地調整は、表7.2.1により、種別は特記による。
   特記がなければRB種とする。

表7.2.1  木部の下地調整
工   程 種  別 塗 料 そ の 他
RA種 RB種 RC種 規格番号 規格名称 種類
既存塗膜
の除去
面の処理:スクレーパー、研磨紙等により、全面除去する。
面の処理:スクレーパー、研磨紙等により、劣化部分を全面除去し、活膜は残す。
汚れ・
付着物除去
面の処理:木部を傷つけないように除去し、油類は、溶剤等で拭き取る。
研磨紙ずり 研磨紙P120〜220
研磨紙P240〜320
面の処理:露出素地面,既存塗膜面を研磨する。
節止め JASS 18 M-304 木部下塗用調合ペイント 合成樹脂
JASS 18 M-308 セラックニス類 白ラックニス1種
面の処理:節及びその周囲に刷毛塗りを行う。
穴埋め JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ 耐水形
面の処理:割れ,あな,隙間,くぼみ等に充填する。
研磨紙ずり 研磨紙P120〜220
面の処理:穴埋め乾燥後、全面を平らに研磨する。
(注)
1.木部に新規に塗装を行う場合は、RA種(不透明塗料塗りの場合)又はRB種(透明塗料塗りの場合)
  とし、工程1を省略し、工程2と3の間にヤニ処理を行う。
2.ヤニ処理は、ヤニを削り取り又は電気ごて焼きのうえ、溶剤等で拭き取る。
3.ラワン、しおじ等導管の深いものの場合は、必要に応じて、工程2ののちに塗料製造所の指定する
  目止め処理を行う。
4.合成樹脂エマルションパテは外部に用いない。
5.JASS 18 M−304及びJASS 18 M−308は、日本建築学会材料規格でる。
6.工程4において、JASS 18 M−304は合成樹脂調合ペイント及びつや有り合成樹脂エマルション
  ペイントに適用し、それ以外はJASS 18 M−308を適用する。

(b) 透明塗料塗りの下地調整はRB種による。 但し、既存塗膜は全面除去する。
    又、必要に応じて表7.2.1の工程を行った後、次の工程を行う。
  (1) 着色顔料を用いて着色兼用目止めをする場合は、刷毛,へら等を用いて、着色顔料が
     塗面の木目に十分充填するように塗り付け、へら、乾いた布等で、色が均一になるよう
     に余分の顔料をきれいに拭き取る。
  (2) 着色剤を用いて着色する場合は、刷毛等で色むらの出ないように塗り、塗り面の状態を
     見計らい、乾いた布で拭き取って、色が均一になるようにする。
  (3) 素地面に、仕上げに支障のおそれのある甚だしい色むら、汚れ、変色等がある場合は、
     漂白剤等を用いて修正したのち、水ぶき等により漂白剤を除去し、十分に乾燥させる。

2節下地調整