平成28年版  4章 外壁改修工事

4節 モルタル塗り仕上げ外壁の改修

4.4.1  適用範囲
この節は、モルタル塗り仕上外壁の改修に適用する。

4.4.2  ひび割れ部改修一般事項
(a) ひび割れ部から漏水が見られる場合、ひび割れ部周辺のモルタルに浮きが見られる場合
    又はひび割れ部から錆汁がでている場合は、事前に監督職員と協議を行う。

(b) モルタルを撤去する場合
    モルタルを撤去してひび割れ部を改修する場合は、次による。
  (@) ひび割れを中心に幅100mm程度のモルタルをダイヤモンドカッター等で健全部分と縁
      切りを行い、はつり撤去する。
      モルタル撤去後に、露出したひび割れを確認し、監督職員に報告する。
  (A) ひび割れ部の改修工法は、4.3.44.3.54.3.6による。
  (B) ひび割れ部改修後の、モルタル撤去部分の補修は、4.4.8又は4.4.9による。
(c) モルタルを撤去しない場合の改修工法は、4.4.54.4.64.4.7による。
(d) 塗り仕上げを撤去する場合は、4.6.3とし、各々の工法終了後の補修は6節による。

4.4.3  欠損部改修一般事項
(a) 欠損部周辺のモルタル浮き部分はダイヤモンドカッター等で健全部と縁を切って損傷
    が拡大しないようにはつり撤去する。

(b) 下地面は、デッキブラシ等で水洗いを行い、モルタル等の接着を妨げるものを取り除く。

(c) (a)及び(b)以外は、4.3.3による。

4.4.4  浮き部改修一般事項
(a) 補修範囲は、テストハンマー等により、はく離のおそれがある浮き部について確認し、アンカー
   ピーニング等の位置をチョーク等で明示する。

(b) モルタルを撤去する場合。
    モルタルを撤去して浮き部を改修する場合は、次による。
  (@) 浮き部を中心にモルタルをダイヤモンドカッター等で健全部分と縁切りを行い、はつり
      撤去する。
  (A) モルタル撤去部の補修は、4.4.8又は4.4.9による。
(c) モルタルを撤去しない場合の改修工法は、4.4.10から4.4.15までによる。
(d) 塗り仕上げを撤去する場合は、4.6.3とし、各々の工法終了後の補修は6節による。

4.4.5  樹脂注入工法
工法は4.3.4による。

4.4.6  Uカットシール材充填工法
工法は4.3.5による。

4.4.7  シール工法
工法は4.3.6による。

4.4.8  充填工法
(a) 適用範囲
   欠損部の面積が1箇所当たり0.25u程度以下の場合に適用する。

(b) 工法は4.3.7(b)による。
(c) 確認は4.3.7(c)による。

4.4.9  モルタル塗替え工法
(a) 適用範囲
   モルタル塗替え及び4.4.8以外の充填を行う場合に適用する。

(b) 調合及び塗厚
 (1) モルタルの調合及び塗厚は、表4.4.1による。
表4.4.1 調合(容積比)及び塗厚の標準値等
下地 下塗 むら直し中塗り 上塗り 塗り厚の標準値
(mm)
セメント セメント セメント
コンクリート、
コンクリートブロック、
レンガ
2.5 25以下
 (2) 現場調合のポリマーセメントモルタルの調合は(1)による。
    但し、混和剤の使用量は、セメント質量の5%(全固形分換算)程度とする。
 (3) ポリマーセメントペーストの混和剤の使用量は、セメント質量の5%(全固形分換算)
     程度とする。
 (4) 混和材料の使用量は、モルタルの強度等に著しい悪影響を与えない程度とする。
 (5) モルタルの練混ぜは、原則として機械練りとする。
 (6) 1回の練混ぜ量は、60分以内に使い切れる量とする。
(c) 下地処理
 (1) コンクリート、コンクリートブロック等の壁で、ひずみ、不陸等の著しい箇所は、目荒らし、
     水洗い等のうえモルタル又は下地調整塗材で補修し、夏期は7日以上、冬期は14日以上
     放置する。
     但し、気象条件等により、モルタルの付着が確保できる場合には、放置期間を短縮する
     ことができる。
 (2) コンクリート、コンクリートブロック壁面は、デッキブラシ等で水洗いを行い、モルタル等
     の接着を妨げるものを除く。
 (3) コンクリート壁面に高圧水洗処理で目荒らしを行う場合は、水圧及び目荒し時間を適切
     に設定し、モルタルの接着に適した粗面に仕上げる。。
 (4) 高圧水洗処理に先立ち試験施工を行い、目荒しの状態について監督職員の承諾を受ける。
 (5) 仕上げ厚又は全塗厚が25mmをこえる場合の処置は、特記による。
(d) 工  法
 (1) 下塗り
  (@) (c)の下地処理の後、下地の乾燥具合を見計らい、吸水調整材を吸水調整材製造所
      の仕様により全面に塗る。
      但し、下塗りにポリマーセメントモルタルを塗り付ける場合以外にあっては、(c)の下地
      処理の後、吸水調整材塗りに代えてポリマーセメントペーストを1〜2mm塗ることがで
      きる。
      この場合、必要に応じて保水剤を使用する。
  (A) 塗付けは、吸水調整材塗りを行った場合は乾燥後、ポリマーセメントペースト塗りを行っ
      た場合はポリマーセメントペーストが乾燥しないうちに、塗り残しのないよう全面に行う。
  (B) 下塗り面は、金ぐし類で荒らし目をつける。
  (W) 下塗り後、モルタル表面のドライアウトを防止するために、水湿しを行う。
  (X) 下塗りは14日以上放置して、ひび割れ等を十分発生させてから次の塗付けにかかる。
      但し、気象条件等により、モルタルの付着が確保できる場合には、放置期間を短縮する
      ことができる。
 (2) むら直し
  (@) むらが著しい場合に行う。
  (A) むら直しが、部分的な場合は、下塗りに引き続いて行い、(1)(B)から(X)までによる。
  (B) むら直し部分が比較的大きい場合は、(1)(X)の後、塗り付ける。
       塗付け後、荒らし目を付け、7日以上放置する。

      但し、気象条件等により、モルタルの付着が確保できる場合には、放置期間を短縮する
      ことができる。
 (3) 中塗り
     出隅、入隅、ちり周り等は、定規塗りを行い、定規通しよく平らに塗り付ける。
 (4) 上塗り
     中塗りの状態を見計らい、面、角、ちり周り等に注意し、こてむら無く平らになるよう、次に
     より仕上る。
     @金ごて仕上の場合は、金ごてで押さえて仕上げる。
     A木ごて仕上の場合は、水引き具合を見計らい、木ごてでむらを取り、平坦に仕上る。
     Bはけ引き仕上の場合は、木ごてで均したのち、少量の水を含ませた刷毛を引き、刷毛目
      の通りよく仕上げる。
 (5) 仕上げの種類
     仕上げの種類は、施工箇所に応じて、表4.4.2を標準とする。
表4.4.2 仕上げの種類
仕上げの種類 施工箇所
金ごて 一般塗装下地、防水下地、外装壁タイル接着剤張り下地
木ごて セメントモルタル張りタイル下地
刷毛引き
 (6) 目地を設ける場合は、あらかじめ目地棒で通りよく仕切り、仕上げ後、目地棒を外し、
     目地塗りをする。
     なお、既成目地材は、あらかじめ所定の位置に通りよく取付け、壁塗りを行う。

4.4.10  アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入法
(a) 浮き部分に対するアンカーピン本数は、特記による。
   特記がなければ、一般部分は16本/u、指定部分(見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角
   部分等をいう。)は25本/uとする。
   但し、浮き面積が1u以下の場合は、図4.4.1に示す標準配置グリッドを当てはめた最大
   本数程度とする。
   又、狭幅部(幅200mm以下で帯状に剥離している幅の狭い箇所)には、幅中央に5本/m
   とする。

(b) アンカーピン固定部の穿孔は、コンクリート用ドリルを用い、使用するアンカーピンの直径
   より約1〜2mm大きい直径とし、壁面に対し直角に穿孔する。
   穿孔は、マーキングに従って行い、構造体コンクリート中に30mm程度の深さに達するまで
   行う。
(c) 穿孔後は、孔内をブラシ等で清掃後、圧搾空気、吸引機等で接着の妨げとなる切粉等
   を除去する。
(d) 穿孔内の乾燥状態を確認し、湿潤状態のときは、監督職員と協議を行う。
(e) 穿孔部の浮き代を確認し、(g) による充填量に疑義がある場合又は著しい浮きが確認され
   た場合は監督職員と協議を行う。
(f) アンカーピン固定用エポキシ樹脂は製造所の仕様により、均一になるまで混練りする。
(g) アンカーピン固定用エポキシ樹脂を手動式注入器を用い、アンカーピン固定部の最深部から
   徐々に充填する。充填量は、特記による。
   特記がなければ、挿入孔1箇所当たり25mlとする。
(h) 挿入に先立ち、適切な長さのアンカーピンのねじ切り部分にアンカーピン固定用エポキシ
   樹脂を塗布してから、気泡の巻き込みに注意して挿入する。
(i) アンカーピンを挿入孔最深部まで挿入し、目立たぬ色のパテ状エポキシ樹脂等で仕上げる。
(j) アンカーピン固定部は、夏期では15時間程度、冬期では24時間程度、衝撃を与えないよう
   にし、降雨等からも養生を行う。
(k) 注入部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し、清掃する。
(l) 確認
   アンカーピン固定部のエポキシ樹脂の広がり、固着状況について全数テストハンマーの打診
   により確認を行い、その結果を監督職員に提出する。

4.4.11  アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法
(a) 浮き部分に対するアンカーピン本数及び注入口の数は、特記による。
   特記がなければ、表4.4.3による。
   但し、浮き面積が1u以下の場合は、図4.4.2に示す標準配置グリッドを当てはめた最大
   本数程度とする。
   また、狭幅部(幅200mm以下で帯状に剥離している幅の狭い箇所)のアンカーピン及び
   注入口の配置は図4.4.2に示す通り幅中央に各々5本/mとする。

表4.4.3 アンカーピン本数、注入口の箇所数
アンカーピン本数
(本/u)
注入口の箇所数
(箇/u)
一般部分 指定部分 一般部分 指定部分
13 20 12 20
(注) 指定部分とは、見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部分等をいう。

(b) アンカーピン固定部の施工は、4.4.10(b)から(k)までによる。
(c) テストハンマー等により残存浮き範囲を再確認し、残存浮き部分への注入口の位置を
    チョーク等でマーキングする。
(d) 注入口の穿孔は、アンカーピン固定部の硬化を待って、マーキング位置に従って
    4.4.10(b)から(e)に準じ行う。
   但し、穿孔は構造体コンクリートに約5mmの深さまで行う。 
(e) 注入口への注入材料は、注入用エポキシ樹脂とし、製造所の仕様により調合し、均一に
    なるまで混練りする。
(f) 注入は、手動式注入器により注入口から注入材料が漏れないように注意して、残存浮き内
   に内圧がかからないように下部から上部へ、片端から他端部へ、打診しながら残存浮き部
   全面に注入する。
   必要に応じ、浮き部周囲に共浮き防止のアンカーピンニングを実施する。
   なお、注入量は、特記による。
   特記がなければ、注入口1箇所当たり25mlとする。
(g) エポキシ樹脂注入部分は、注入後24時間程度振動や衝撃を与えないよう養生を行う。
(h) 硬化後、注入部以外に付着した材料を、適切な方法で除去し清掃する。
(i) 確 認
   注入材料の注入状態を次により確認し、その結果を監督職員に提出する。
  (@)注入材料の硬化後、アンカーピン固定部、注入部及びその周辺500mm程度にわたり
     打診により確認を行う。
  (A)浮きが確認された場合は、速やかに(i)による検査結果を監督職員に報告する。
  (B)確認された浮き部の補修は、監督職員の承諾を受けて行う。

4.4.12  アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
(a) アンカーピン固定部の施工及び注入口の穿孔は、4.4.11(a)から(d)までによる。

(b) 注入口への注入材料は、ポリマーセメントスラリーとし、製造所の仕様により、調合し均一に
    なるまで混練りし、ふるいにより、ろ過する。
(c) 注入により、ポリマーセメントスラリーが流出するおそれのあるひび割れ、開口部、出角部
    等は、次により確実にシールする。 
  (1) シール方法はポリマーセメントスラリー製造所の仕様による。
  (2) シール材は、適切な養生期間をとり、タックフリーになるまで指触しない。
      又、降雨等からも養生する。
(d) 注入は次により、注入量は、特記による。
    特記がなければ注入口1箇所当たり50mlとする。
  (1) 残存浮き部に注入圧力0.1〜0.25N/mm2となるように注入する。
  (2) 注入状態を打診により確認しながら、ポリマーセメントスラリーが流出しないよう注入
      する。
      流出した場合は、直ちに注入を中止する。
  (3) 注入順序は、残存浮き範囲が広い場合は一気に注入せず、数回に分けて行う。
  (4) 注入の終わった注入口は、コルク、木栓等で仮止めし、ポリマーセメントスラリーが
      固まった後に、ポリマーセメントモルタル等で平滑に孔埋めを行う。
(e) ポリマーセメントスラリー注入部分は、注入後3日間は振動や衝撃を与えないよう養生を
    行う。
(f) 注入部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し清掃する。
(g) 確認は、4.4.11(@)による。

4.4.13  注入口付アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法
(a) 浮き部分の補修に使用する注入口付アンカーピンの本数は、特記による。
   特記がなければ、一般部分は9本/u、指定部分(見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部
   分等をいう。)は16本/uとする。
   但し、浮き面積が1u以下の場合は、図4.4.3に示す標準グリッドを当てはめた最大本数
   程度とする。
   又、狭幅部(幅200mm以下で帯状に剥離している幅の狭い箇所)には、幅中央に5本/m
   とする。

(b) 注入口付アンカーピンを挿入する孔の穿孔は、コンクリート用振動ドリルを用い、同ドリル径
    は注入口付アンカーピンの製造所の仕様による。
    穿孔は、壁面に対し直角に行い、マーキングに従って構造体コンクリート中に20mm以上の
    深さに達するまで行う。
(c) 穿孔後は、孔内をブラシ等で清掃後、圧搾空気、吸引機等で接着の妨げとなる切粉等を
   除去する。
(d) 穿孔内の乾燥状況を確認し、湿潤状態の時は監督職員と協議を行う。
(e) 穿孔部の浮き代を確認し、(i)による充填量に疑義がある場合又は著しい浮きが確認され
   た場合は監督職員と協議を行う。
(f) 使用する注入口付アンカーピンの長さは、モルタルの厚みにプラス20mm以上とする。
(g) 注入口付アンカーピンを孔に挿入し、ハンマーで軽く叩いてモルタルの面まで打ち込んだ後、
   専用の打込み工具で先端の開脚部を拡張し、注入口付アンカーピンを固着する。
(h) 注入するエポキシ樹脂は、製造所の仕様により、均一になるまで混練りする。
(i) 注入用エポキシ樹脂を手動式注入器を用い、注入口から徐々に充填する。
    充填量は特記による。
    特記がなければ注入口1箇所当たり25mlとする。
(j) 注入口は、目立たぬ色のパテ状エポキシ樹脂等で仕上げる。
(k) 注入部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し、清掃する。
(l) 確認は、4.4.10(l)による。

4.4.14  注入口付アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法

(a) 浮き部分の補修に使用する注入口付アンカーピンの本数は特記による。
   特記がなければ、表4.4.4による。
   但し、浮き面積が1u以下の場合は、図4.4.4に示す標準グリッドを当てはめた最大
   本数程度とする。
   また、狭幅部(幅200mm以下で帯状に剥離している幅の狭い箇所)のアンカーピン及び
   注入口の配置は図4.4.4に示す通り幅中央に各々5本/mとする。
表4.4.4 アンカーピン本数、注入口の箇所数
アンカーピン本数(本/u) 注入口の箇所数(箇/u)
一般部分 指定部分 一般部分 指定部分
16 16
(注) 指定部分とは、見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部分等をいう。

 

(b) 注入口付アンカーピン固定部の施工は、4.4.13(b)から(k)による。
(c) テストハンマー等により残存浮き範囲を再確認し、残存浮き部分への注入口の位置を
   チョーク等でマーキングする。
(d) 注入口の穿孔は、注入口付アンカーピン固定部の硬化を待って、マーキング位置に従っ
    て4.4.10(b)から(e)までに準じ行う。
   但し、穿孔は構造体コンクリートに約5mmの深さまで行う。 
(e) 注入口への注入材料は、エポキシ樹脂とし、製造所の仕様により調合し、均一になるまで
   混練りする。
(f) 注入は、手動式注入器により注入口から注入材料が漏れないように注意して、残存浮き内
   に内圧がかからないように下部から上部へ、片端部から他端部へ、打診しながら残存浮き部
   全面に注入する。
   まお、注入量は特記による。特記がなければ注入口1箇所当たり25mlとする。
(g) エポキシ樹脂注入部分は、注入後24時間程度振動や衝撃を与えないよう養生を行う。
(h) 硬化後、注入部以外に付着した材料を、適切な方法で除去し清掃する。
(i) 確認は4.4.11(@)による。

4.4.15 注入口付アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
(a) 注入口付アンカーピンの施工及び注入口の穿孔は、4.4.14(a)から(d)までによる。

(b) 注入口への注入材料は、ポリマーセメントスラリーとし、製造所の仕様により調合し均一に
    なるまで混練りし、ふるいにより、ろ過する。
(c) 注入により、ポリマーセメントスラリーが流出するおそれのあるひび割れ、開口部、出隅部
    等は、次により確実にシールする。 
  (1) シール方法はポリマーセメントスラリー製造所の仕様による。
  (2) シール材は、適切な養生期間をとり、タックフリーになるまで指触しない。
      又、降雨からも養生する。
(d) 注入は次により、注入量は、特記による。
    特記がなければ注入口1箇所当たり50mlとする。
  (1) 残存浮き部に注入圧力0.1〜0.25N/mm2となるように注入する。
  (2) 注入状態を打診により確認しながら、ポリマーセメントスラリーが流出しないよう注入
      する。
      流出した場合は、直ちに注入を中止する。
  (3) 注入順序は、残存浮き範囲が広い場合は一気に注入せず、数回に分けて行う。
  (4) 注入の終了した注入口は、コルク、木栓等で仮止めし、ポリマーセメントスラリーが
      固まった後に、ポリマーセメントモルタル等で平滑に穴埋めを行う。
(e) ポリマーセメントスラリー注入部分は、注入後3日間は振動や衝撃を与えないよう養生を
    行う。
(f) 注入部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し清掃する。
(g) 確認は、4.4.11(@)による。
平成28年版 第4章外壁改修工事標準仕様書

トップページ  塗料・塗装  塗  料  塗  装